| PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

TVはもう昔。予想以上によかったテニスチャンネルプラス

TCplus.jpg
Tennis Channel Plus


昨年12月に、WTAの試合をネットで放映する WTA TV を開いたところ、いきなり大きな文字で「来年1月からアメリカでは WTA TV が観られなくなります」と。

それを観た時は一瞬意味がわからなくて驚いたんですが、結局 WTA の放映権をテニスチャンネルが買い取ったため、ということが判明。WTA TV は即座に、観れなくなった分の返金にスムーズに応じました。

ご存知のない方に、テニスチャンネル(過去記事)は、アメリカで朝から晩までずっとテニスを放送しているテニス専用チャンネルです。

ボクはテニスチャンネルには元々加入しているんですが、流石にチャンネル1つで放送できる試合は限られています(それでも結構いろんな試合を放送していると思いますけど)。ATPやWTAのメジャーマッチ以外はオンラインのテニスチャンネルプラスに別途加入しなければ観られません。

放映権があっちからこっちに移って、視聴者もそれに振り回されるという構図がなんだか気に入らなくて、でも観られないものはしょうがないので渋々テニスチャンネルプラスに加入しました。

ところが蓋を開けてみれば、、良い。。放映権まで買い取って頑張ってるからか、テニスチャンネルプラス(上画像)、良いです。アメリカに住んでるテニスファンには(住んでなくても入れる??)確実にオススメです。年$100が初年度割引で$75でした。

基本、全ATPとWTAの試合は網羅されてます。そしてやっぱり大きいのが、オンデマンド。過去1年のATP&WTAの全試合がダブルスも含めて観られます。もちろんスマホ、タブレット、PC、なんでも大丈夫です。(加入に際して詳細は各自ご確認ください。)

例えば錦織が試合をしていたらやっぱり結果を追ってしまいますが、過去の試合をオンデマンドで観られるので、自分がテニスをしていて「そういえば錦織ってフォアで回り込む時どんな足運びしてるんだろう?」なんて思った時に観られます。もちろんダブルスでの立ち位置とかフォーメーションとか、球と結果を追っていると観られない部分もゆっくり後から確認できますし。

TENNIS TV (ATP) もWTA TV もその辺りは一緒だと思いますがテニスチャンネルはそれに加えて、プロ選手の普段に焦点をあてた「マイテニスライフ」や、世界中のテニスリゾートを紹介した「デスティネーションテニス」、「1分クリニック」等々の小番組も観られます。

残念ながらテニスチャンネルはグランドスラム(大会によっては2週目だけ)は、ESPNに放映権を取られてしまうので観られません。準々決勝あたりからは後にオンデマンドで観られるようになります。

日本人選手を追っていると、グランドスラムの予選や1週目は重要です。以前は、テニスチャンネルやESPNが別チャンネルを5〜7チャンネル用意して放送していました。それが今年の全豪から(多分)その別チャンネルがなくなってしまった代わりに、ESPN+という別サービスで提供されるようになりました。


ESNPplus.jpg
ESPN+


ESPNはご存知の方も多いと思いますが、スポーツ全般のチャンネルです。そのためテニスはグランドスラムを放送するぐらいです。ボクはテニス以外のスポーツはごくたまにしかみないので流石に加入はためらうものの、全豪は無料お試し期間を利用して観ました(下)。週単位での加入も可能だった(と思う)ので、グランドスラムの時には入ってもいいかな、と思いました。


ESNPplusMiyuMakoto.jpg
ESPN+


そんな風にここ最近、急にオンラインでテニス観戦をするようになって思ったのは、ネット放映はテニスに向いているということ。テニスは試合数も多いですし、試合時間も読めません。それが理由でTVでの放映が制限されていたわけですから。

また、タブレットやスマホ、PCで観られるのは、プレー以外の時間がちょくちょく入るテニスを「ながら」で観るにはちょうど良いです(笑)TVの前でとなると「ながら」も制限されますからね(笑)

また、応援している個別選手も追いやすくなります。つい数年前まではオンラインで見られたとしてもメジャーな選手の対戦のみ。それが今では、ATPやWTAはもちろん、ATPチャレンジャーも下の vimeo livestream で観られたり、ITFのWTTでさえも最近はかなりの確率でライブストリーム配信が観られるようになりました。こうなると逆に観たい試合が多すぎて困るぐらいです(笑)

他のチームポーツと違い、テニスにとってTVはもう古いのかもしれません。映像提供側やスポンサーも、ファンがオンラインで観ることを考えてビジネスを発展させていったほうが面白い事が起きる気がします。

今までテニスの解説は、例えば日本なら有名な過去のプレーヤーが男女で各数人程度でしてきたのが、Youtubeのように、色んなレベルの色んな人がするようになっても良いと思うし。TVでは言えない「本音解説」なんてあったら面白いと思います。

試合をしている選手を教えているようなコーチの解説を聞くと、試合がいままで観てたのとは随分違って見えたりします。選手の細かいこともよく知っているし。一般の人には判らないかもしれませんがが、そんな風に色んなレベルでの解説が可能なのもネット配信ならではだと思います。


Livestream.jpg
内田海智選手 vimeo livestream


ITFLivestreams.jpg
ITF Livestream

クリック先はテニスやロサンゼルスの情報満載です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

| 英語・メディア・etc | 15:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD