NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

東京に戻って20年ぶりの有明テニスの森 日本とアメリカの比較少し

Ariake01.jpg


先日1週間ほど日本に帰ってました。

週末を挟んでいるのでテニスをしてる中学生の甥と初めて打ってみようかななんて思ってたんですが、以前お伝えしたようにコート料金で打ちのめされ(笑)、結果的には彼の試合があったので、またそのうちということになりました。ただ、彼も頑張っていると聞いていたので、有明で開催ということもあって試合を覗きに行ってみました。

有明に行くのなんてもう20年以上ぶりぐらいです。ボクが初めて行った頃ってまだ有明コロシアムがオープンした!なんていう頃でしたからね。センターコートでプロの試合を観戦していて横にボウズ頭の松岡修造が立っていて「でかい!」と思ったのを覚えています。当時は彼はまだプロとしての活躍前で、彼は自分たちの延長で「あいつなんかすごい強いらしいぞ」なんて話してました。失礼しました(笑)。

中学生とはいえ、この日揃ってるのは関東大会出場を決めた東京都大会ベスト8以上。上手い子は上手いですから、甥をみてボクがかなわないぐらいだったらマズいなー、と正直ちょっとドキドキしながら行きました。結果的にはかなり安心して帰って来ました(笑)。

有明に着いて、一気に懐かしい気持ちになりました。場所ではなく、雰囲気に。まず聞こえてくる声!周りの生徒が応援している声から部活動頑張ってる中学生たちっていう清々しさが伝わってきました。そしてなによりその生徒の数が多い!出場している生徒だけではなく、全部員が集まっていて、それが各校ですから、もう会場はユニフォームを来た中学生がうじゃうじゃで(笑)。なんか中高の授業後の学校の雰囲気を思い出しました。学校いっぱいに色んな部からの声や音が響いてる感じを。

これはアメリカにはない光景ですねー。まず部には選手以外の生徒はそんなにいませんからね。それは大学も一緒ですけど、部のメンバーはいわゆるレギュラーと補欠が数人程度。それ以外は部には入れませんから。なのでそんなに生徒が集まる事ってないんですよね。そして、必要以上の声出しとかもないです。普通に応援として重要なところで声をかけたりはしますけど、闇雲な感じでとにかく皆が声を出して応援という感じにはならないので。

そもそもこの大会が学校別団体戦なので部活動の雰囲気が出るのはあたりまえで、ロサンゼルスでボクが見たことがある中学生の大会は個人戦なので別物なんですけど、それ以上に大きな違いを感じました。多分、有明で観たのはあくまで学校の部活動や趣味としてのスポーツを楽しんでいる子供たち、それに比べるとロサンゼルスで観るのは、先々の結果は別としても、やるからにはプロや大学推薦ぐらいは狙ってテニスをしている子供たちとその親、というオーラの違いだった気がします。かかっているお金と労力の差が生むオーラですかね?(笑)

そんな事も含めて、試合をみたり生徒の親の話を聞いていて少し残念だったのは、そこに広がるテニスがあまりにも井の中の蛙なテニスだった事ですねー。狭い範囲の情報のなかで、さらに独自なやり方に流され、そんなものと受け止めてテニスをしている感じでした。たどり着かなかったとしてもその延長には大学選手であったりそのまたずっと延長にはプロがあって欲しかった、つまり繋がっていて欲しかった気がします。

と書いてもイマイチよく伝わらないかもしれないので、一つだけ具体例を。

テニス以前の話なんですが、彼らはウォームアップをしないんです。これはボクには結構な驚きでした。試合のウォームアップはサーブを各サイドから2本の合計4本のみ。それは大会の開催時間の関係でしょうがないとしましょう。でも、試合前にコートの周りで走ったり、ダイナミックストレッチをしてる子なんて皆無でした。ボレーボレーしてる子なんていませんでした。ただでさえワンセットマッチですぐ勝敗が決まってしまうのに、コートの入るときに球感がないどころか身体が冷えていたら、練習したことなんて出せません。

また会場へは直入りで、直前に別の場所でがっつり練習もありませんでした。これは他校は違うのかもしれませんが、少なくとも甥の学校ではそうでした。あれだけ長時間試合をするプロでさえも(プロだからこそ、ではなく)、1時間程度汗を流しますからね。

これって、今の時代のスポーツ常識や理論からしたらぐしゃぐしゃです。でもそれを特別問題視していなかったところをみると、多分いつもどこの大会でもそうなんでしょうね。甥が学校の部活動だけでテニスをしているならまだしも、テニススクールでは選手育成コースに通い、プライベートレッスンさえ取っている状況でこれですから。テニスコーチは誰もそんな事を指摘してないんでしょうね。そして甥のテニスに熱心な親もそれでいいと思っていたわけですから、情報がかなり限られた世界からのもの(もしくは古いもの)、という気がしてなりませんでした。もちろんテニス自体においても似たような感じを受けました。

テニスをしている本人がそういう状況を知って楽しんでいるなら良いと思うんですが、さすがに中学生にはまだ自分でやりたい事ややるべき事を明確にする責任は押し付けられないですからねー。親やコーチの知識や経験不足で子供が損をするのは、あまりにももったいない気がします。


Ariake03.jpg
歩いていて出くわしたどこかの学校の反省会。


Ariake02.jpg


そんな有明では当日、ラッキーな事に早稲田大学vs明治大学の大学対抗の決勝も行われていました。こっちは素直に試合を観ていて楽しかったです。もちろんアメリカの大学生とは球のスピードとパワーの差があまりにも歴然ですが、テニスはパワーだけじゃないですからね。試合をよく観れば色んな大人な部分が見えるんだと思います。そこまでじっくり観る時間がなかったのが残念です。でも、日本でしか見られないブレザーを着てのボールボーイ(後輩)をみて雰囲気を楽しんだだけでももうけものでした(笑)。

また別の日ではありますけど、今は日本に帰ってしまったLAでのテニス仲間や井藤祐一選手夫妻と共に食事もできたりで、テニス関係も予想以上の充実でした。別の食事では下の写真、のどぐろも初めて食べました。美味しかったです。日本酒との相性が抜群でした(笑)。(N)


Nodoguro01.jpg


応援クリックお願いします!
クリック先はテニスやロサンゼルスの情報満載です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

| 今日のテニス日記 | 00:25 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私は逆に日本からアメリカに最近(?)来たのですごく違いを感じてますが、この違いは場所(と時間感覚)の違いでしょうかね。
アメリカは沢山場所ありますし、テニスに限らずなんでも一々でかい広いなので。


また、日本ではボレーボレーしている人がいないというより、学生の公式戦、草トー、市民大会などの私の経験したほとんどの大会で、そもそも「ボレーボレー等の練習行為は禁止」と決められており、アナウンスされてました。
ただ走ったりのウォーミングアップ自体はそれとは関係なくできるので、やるべきだったなと今になっては思います。

| ふぁぶ | 2016/10/31 18:48 | URL |

「すごく違い」に興味あります

ふぁぶさんご無沙汰しています。

確かに「最近(?)」と書いた気持ちはわかりますが、ボクらテニス仲間はアメリカ在住10年以上、20年以上の人も多いので、5年以下は短いという感覚です。ふぁぶさん1年半ぐらいですよね?最近ですよ(笑)。

> 私は逆に日本からアメリカに最近(?)来たのですごく違いを感じてますが、
ぜひその違いがどんなところなのか具体的に教えて欲しいです。ボクが日本でテニスをしていたのはもう20年前なので違いがわかるほど覚えてません(笑)。


> 「ボレーボレー等の練習行為は禁止」と決められており、アナウンスされてました。
あー、確かにそんなのありました!狭い場所では危険ですからね。


> ただ走ったりのウォーミングアップ自体はそれとは関係なくできるので、やるべきだったなと今になっては思います。
個人で草トーとなると東京では練習コート確保が大変かもしれませんが、学生の場合は学校にコートがありますからね。監督さえ頑張れば大会前に朝学校で練習は可能です。
もちろん入念なダイナミックストレッチも。敢えてやらない、という子がいたらそれはそれでいいと思いますが、親やコーチや監督が労力を惜しんで選択肢を狭めるのは残念です。
ひとりでも個人で大会前にコートを確保してしっかり練習してくる子が勝てば、周りは逆にすぐそれに習いそうですね、日本だと(笑)。

| N | 2016/11/01 08:43 | URL |

まさか覚えていていただけているとは、、、ありがとうございます。笑

違いを感じている部分、というのはベタなところだと思います。
コートがいっぱいある、初見の知らない人でも気軽に一緒に練習できる、大会は当然の様に3セットマッチ、試合用ボールは3球、ここの話にもあったように試合前にウォーミングアップをガッツリできる、USTAで試合結果が管理されててWebで見れてなんだか偉くなった気がする、
とかですかね。

後はアメリカ人と戦うと、プレイヤーではビッグサーバー持ちが多い、とか。
日本でも同じくらい速いサーブを打つ人はたま~にいますが、こっちはその割合が異様に高いですし、それに加えて打点も日本で味わえないくらい高い。
日本ではサービスエースなんて球にフォアサイドのワイドでたまに取られるくらいだったのが、こっちでは普通にバンバンエース取られます。
そしてなんとか返せてもフォアでぶっ叩かれて終わる、と。
で、「こんな相手、絶対勝てんやん」とか思いながらやってると、以外とミスも多くて結構競る、とか。

乱文でダラダラですが、こんな感じです。
なんせテニスやってる人みんな、テニスを楽しもうぜ感があってすごく好きです。日本は日本で楽しかったですし優劣ではなくあくまでも違いですが、テニスに限らずこっちの人は楽しむのが得意ですね。

| ふぁぶ | 2016/11/03 14:21 | URL |

こんばんは!

こんばんは!日本で勝手にテニス研究してますが、市民大会に出る時、公園でゆっくり素振りしたら怒られました。
試合の時、最初はサーブとストロークだけウォームアップできます。2回目はサーブ2球だけ。禁止されているのでできないんです。

日本の練習方法は昭和のやり方だから、強くなれず、男子世界100位以内に錦織くんしかいないと思います。もったいないと思います。

| 青い鳥 | 2016/11/20 01:34 | URL |

日本テニス協会も

ふぁぶさん

正直このブログにコメントくれる方、そんなに多くないので覚えてました(笑)。具体的な違いの話、ありがとうございます。

アメリカのレクリエーションテニスのトーナメントやリーグの殆どがUSTAに一元管理されているのはすごく便利です。多少の地域差はあるものの、基本的にどこにいっても同じように話ができるわけですからね。そして相手の戦績も全部チェックできますし(笑)。日本のテニス協会もこういうところは見習えばいいのに、と思います。レクリエーションテニスが発展しやすくて裾野が広がると思うんですけどね。

アメリカは一芸ブレーヤー、沢山いますね〜。ファーストサーブはものすごいのに、入らないとセカンドは上から打ってる下からサーブみたいな人もいたり(笑)。それで楽しんでるし、勝ったりしてるので良いんですよね。そんな考えの延長がアガシだったりジャックソックだったりするんでしょうね。

> なんせテニスやってる人みんな、テニスを楽しもうぜ感があってすごく好きです。
これ、日本と違うところなんですねー。表現の違いというか、楽しんでることを口に頻繁に出すのも一因かもしれないですね。

また思ったことでも出木ごとでも気軽に書いてくださいね!

というか、ふぁぶさんの周りのテニスの話、記事書いてもらえませんか?(笑)

| N | 2016/11/21 21:46 | URL |

ゴムバンドでダイナミック

青い鳥さん、はじめまして。

日本の市民大会だと会場でのウォームアップは厳しそうですねー。ラケットは振れなさそうなので、ダイナミックストレッチで体をいかに十分温めるかが、すぐできそうな事ですね。プロはみんなゴムバンドを持っていて、色んなところを細かく動かして温めてます。

学生は学校にコートがあるはずなのでそこで試合前に練習するのがベストだと思います。特別な日時の使用となるといろいろ許可をとるのが日本は大変そうですが、一度やって慣習化させれば良い気もします。

今はすっかり解説者のブラッド・ギルバートが20年以上前に著書ウィニングアグリーで書いてましたね、準備が違いをつける、って。20年前から言ってるのに変えようとする人いなかったんでしょうかねー?

| N | 2016/11/21 21:57 | URL |















非公開コメント

NEW | PAGE-SELECT | OLD