NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

テニスの日焼け止めはSPF50で十分?!

NeutrogenaSunscreen01.jpg


日差しの強いLAでテニスをするとなると、日焼け止めは必須です。上の写真はボクが使っているスプレータイプです。

最近ちょうどこれが切れてしまったので、新しいのを買おうとネットにないか探してました。これを買った時、街のドラッグストアで十数ドルで高いと思ったので安いのがないかな、と。でもオンラインでもやっぱり高いんです。SPFがちょっと落ちると数ドル安くなるんですけどね。

そこでふと、SPFってなんだ?と思ったんです。日焼け止めの強さぐらいの認識はあったんですが、SPF50じゃ足りないかな?なんて。

で、調べてみたら大抵どこにもこんな感じで書いてあります。
「SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。 20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。」

知らなかったです。。SPFが高いほうがブロックしてくれる力が強いと思ってました。時間だったんですね。

そうなるとテニスしてる時なんて理論的にはSPF20で十分じゃないですか?!昼間6時間もぶっ続けでやることないですから。肌の前に、身体がもちません。。

テニスしてたらダラダラ汗かきます。スポーツタイプの日焼け止めは流れにくくはなってるとは思うものの、それでも流れるだろうし、汗をタオルで拭いたらさすがに取れますからね。ボクなんてついガシガシ拭いちゃうし。昼間3時間もやったらフェイスタオル2枚ぐらいビショビショです。

あ、そういえばフェデラーって汗あんまりかかないですね。タオルで拭く時も抑える感じだし。

話戻して、つまり、テニスの時はSPF云々より、流れたり拭き取られたときに塗り直す頻度のほうが重要、ということじゃないですか?

例えばテニスを2時間しかしないなら、SPF20もSPF70も、プロテクトしてくれる力は一緒、ということですよね。

そのうえネット情報によると、SPFが高いほうが、肌への負担が大きいらしいじゃないですか。となるとテニスならますますSPF50ぐらいで良さそうですね。30とかでもいいかも。70は必要なさそうです。

よく考えて見ると 20x70=1400 って24時間弱です。いくら夏至でも、24時間陽に当り続けることはないですから、そうなるとSPF70ってなんのため??北極にでも行った時のため?!(笑)

ところで上の青の1つ前は、コスコで安かったウォータープルーフのを使ってたんですが、防水だから海用だったんでしょうね。匂いが甘ったるいココナッツ系で、テニスの時にはきつかったです。。

コパトーン(ってまだあります?)の匂いをかぐと、海に遊びに行ったのを思い出して好きだったんですけどね〜。ゼーハー言いながら走ってる時にココナッツはダメみたいです(笑)。(N)

応援クリックお願いします!
クリック先はテニスやロサンゼルスの情報満載です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

| その他グッズ | 08:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEW | PAGE-SELECT | OLD