NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

レキシントンとケンタッキー大学と足立真美・松村亮太郎・山田健人2

UnivKentucky01.jpg


その1では足立真美・松村亮太郎・山田健人の3選手が生活するケンタッキー州レキシントンの雰囲気をお伝えしました。まぁ正直、がっつり田舎です。でも大学生+テニスに集中するには田舎が良いのかもしれません(笑)。

そんなケンタッキー大学のテニス施設は流石にかなり充実してました。前回も出した上の写真にメインのコート達が写っています。テニスコート横の3階建て駐車場からの写真です。

右手前にある2面がセンターコート。左側に2面あり、その奥には5面あります。センターコートの向こうに見える白い建物はインドアコートで4面あります。テニスエリアのグーグルサテライトマップを見ると一目瞭然です。


UnivKentucky05.jpg
センターコート


UnivKentucky03.jpg
センターコート以外のコートにも多少ブリーチャー(段々椅子?)があります。

UnivKentucky02.jpg


UnivKentucky04.jpg
ボクが観れたのは最後のクールダウン乱打と、最後の集合。これで男子全選手です。


UnivKentucky06.jpg
そしてインドアに向かう途中みえてきたのがサブのコート8面。
つまり全部でアウトドア17面、インドア4面の合計21面です。


UnivKentucky07.jpg
インドアコート施設に入ったロビーには選手たちの写真、そして過去の優秀選手たちの名前が並びます。


UnivKentucky08.jpg
足立真美選手(上)、松村亮太郎選手(下)の活躍は10年ぶりぐらいの大活躍ですね。


UnivKentucky09.jpg


UnivKentucky10.jpg


UnivKentucky11.jpg
松村亮太郎選手は去年の Oracle ITA Masters の優勝者です。


UnivKentucky13.jpg
選手プレートの逆側には、グラフィカルな2017-2018シーズンのスケジュールがあります。こういうところからも「自分たちのやっていることを伝える意識」が現れています。アメリカの大学スポーツがお金を生んでいる所以です。


UnivKentucky12.jpg


ジムの写真は残念ながらありませんが、テニスコートがこれだけ充実していれば、ジムがとんでもなく充実しているのは想像がつきますね(笑)。

ということで、最後はドーム、つまり、寮の部屋、それも松村亮太郎選手と山田健人選手が2人で住む部屋です!
初めて2人に会って挨拶直後に「よかったら部屋見せて!」というとんでもないお願いを、快く(?)受け入れてくれてみせてくれました(笑)。


UKDorm03.jpg
部屋にはいると、8畳ぐらいの共同スペースに洗面台があります。そこからシャワールーム+ベッドルームx2。キッチンは共同があるので部屋にはありませんが、壁沿いにカウンター、そして小さいダイニングテーブルはおいてありました。
健人選手曰く、亮太郎選手は朝からツッコミどころが満載で、亮太郎選手が起きてくるとぼーっとしばらく鏡の自分を見つめている(?)そうで、その上シャワーも長いとか(笑)。「突っ込まずにはいられない」らしいです(笑)。


UKDorm02.jpg
山田健人選手の部屋。日にちが浅いのもあってか、むちゃくちゃしっかり片付けられてます。松村亮太郎選手の部屋も、これに比べると床にはテニス道具が少し置かれてましたが、ある意味残念ながら、かなり整頓されてました。男2人でグシャグシャなのをちょっと期待してたんですけどねー(笑)。この部屋で言うと左手前にクローゼットがあります。

今回はテニスや選手本人達の言葉等に比べると、テニス&生活する環境というずいぶんドライな話になりましたが、逆にこんな背景が彼らの日々を支えているというのをご紹介しました。生なネタはまた近々!3選手とも話したくてうずうずしてるらしいです(笑)(N)


UKDorm01.jpg


応援クリックお願いします!
クリック先はテニスやロサンゼルスの情報満載です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

| テニス留学 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEW | PAGE-SELECT | OLD